MENU

胸毛脱毛の効果的な3つの処理方法!

胸毛脱毛の効果的な3つの処理方法!

気になる部分を簡単に脱毛できる技術が開発され、今では脱毛方法がいくつも選べるようになってきました。
もちろん女性だけではなく、男性も脱毛するのは一般的になっていますので、胸毛などを脱毛するのも簡単にできます。

 

女性ならば、ミュゼやエタラビなどのサロンで脱毛している方が多いですが、男性での脱毛は実際にどうなのでしょうか?
脱毛参考サイト: ミュゼプラチナム探検隊【ミュゼ口コミは本当?】

 

男性の体毛は、女性に比べて男性ホルモンの影響で、太く、濃く、比較的強い効き目のある脱毛方法を選んだほうが、早く脱毛の効き目があらわれてきます。
女性の場合は、胸全体の薄い産毛が気になっている人もいるでしょう。

 

胸毛に関しては、女性にも賛否両論あり、胸毛くらいは気にしない、という人もいるし、絶対ノーという人もいます。

 

これはお国柄やその人の美意識にもよるので、一概に決めつけることはできませんが、いまは不要のムダ毛であればお手入れする選択肢もあるのです。

 

胸毛脱毛の効果的な方法

脱毛サロンでの脱毛

脱毛サロンでは、安心して脱毛処理が受けられます。
比較的リーズナブルな価格で脱毛施術を受けられます。

 

サロン脱毛は痛みも少なく、簡単に脱毛ができます。
ただし、徐々に脱毛して行く形になり、脱毛を完了するには、個人差もありますが、結構時間がかかります。

 

完全に胸毛をなくさなくても、清潔感を保ってお手入れしておく程度、薄くしていくなら、サロン脱毛でも良いでしょう。

 

医療脱毛での脱毛

より体毛、産毛が濃い人、完全に胸毛を脱毛したい人は、医療脱毛でのレーザーによる脱毛がおすすめです。
サロンの光脱毛よりも、強力なレーザーを使うため、脱毛効果が優れています。

 

それぞれの個人の肌質、毛質にあわせてレーザー機器を選ぶことができるクリニックもありますので敏感肌の人も安心です。
脱毛費用はサロンよりも高くなりますが、効果が高く、脱毛期間が短くて済むなどのメリットも大きいです。

 

家庭用の脱毛器での脱毛

家庭用の脱毛器も、最近大分普及してきて、かなりの効果があるものも出てきました。
家庭で使うものですから、出力自体はあまり大きくなく、痛みがある場合は、出力をコントロールできる機器が多いです。

 

一度購入すれば何度でも自分の都合が良いときに脱毛ができ、人目を気にしないで脱毛できます。
サロンやクリニックに通うのは気が引ける人、また、忙しくて通うのが難しい人など、家庭用脱毛器を使っても良いでしょう。

 

胸毛の脱毛を根気よく行っていくと、家庭用でも大分体毛が薄くなってくるようです。
カミソリなどで肌を傷めることなく、気になる部分の体毛を薄くしたり、毎日の処理を簡単にできます。

 

以上の3つの中から、一番体質に合いそうなものを選んでみましょう。

 

脱毛サロンでは、体験コースもありますので、上手く利用しながら体毛の悩みを解決しましょう。
家庭用脱毛器も、お試し後、返金できるものもあるので、興味があれば試すことができます。

 

なので、脱毛サロンか家庭用脱毛器での脱毛方法がおすすめでしょう。

 

選べる!胸毛の脱毛方法

ムダ毛脱毛方法を悩む男性

現在、一般的によく知られている脱毛方法は、針脱毛、レーザー脱毛、光脱毛があります。
以前は、絶縁針を用いた針脱毛が一般的しか脱毛方法がありませんでしたが、いまではレーザー機器の進歩によって、レーザー脱毛のほうが一般的になっています。

 

それぞれの脱毛法の違いと、メリット、デメリットを考慮しつつ、自分にあった脱毛法を選びましょう。肌状態や、ムダ毛タイプによってもベストな脱毛方法は変わります。

 

針脱毛について

まずは、針脱毛ですが、1960年代から90年代くらいまで、永久脱毛といえばこの方法しかありませんでした。
細い針を肌に刺し、毛母細胞を破壊するため電流を流してムダ毛が生えないようにしたものです。

 

ムダ毛一本一本に脱毛処理を施すので時間も手間もかかりますし、脱毛費用も高額になりますが、効果が高い脱毛方法として、いまでも行われています。

 

産毛の部分や、レーザーで十分脱毛効果が得られないところなどに部分的に施術することも、有効な利用方法でしょう。

 

レーザー脱毛について

つぎに、レーザー脱毛はスピーディーで、痛みが少ない脱毛方法として一般化しつつあります。
いまはレーザーの種類も色々あり、敏感肌、アトピー肌、日焼けした肌などにも施術できるので、いままで脱毛施術が出来なかった人でも、簡単に受けられるようになりました。

 

ただし、レーザー脱毛は、産毛や薄い毛、また白髪には反応しないので、その場合は、他の方法で脱毛処理を探すべきです。
施術自体には多少痛みがあります。
その場合は、麻酔クリームを使って痛みを和らげることができます。

 

フラッシュ脱毛について

最後に、脱毛サロンや家庭用脱毛器で使われているフラッシュ脱毛、光脱毛ですが、一番痛み自体が少なく、費用負担も少なくて済みます

 

施術による肌ダメージも最もすくなく、肌ケアとしても良い影響をもたらします。
ただし、脱毛効果自体は、3つの選択肢のうちでは一番弱いので、人によっては、脱毛しても永久脱毛効果は得られないこともあります。

 

施術の回数を重ねるごとに、毛が薄くなったり、生えづらくなってくるので、根気よく、毛周期にあわせてマメにサロンに通ったり、自宅で電気シェーバーなどで脱毛処理することが大事になってきます。

サロン脱毛と家庭用脱毛器を徹底比較!

では、脱毛サロンでの脱毛と、家庭用脱毛器での脱毛はどちらがより良いのでしょうか?
それぞれ比較してご紹介していきます。

 

サロン脱毛のおすすめポイント

サロン脱毛

光脱毛、一般にフラッシュ脱毛は、脱毛サロンだけではなく、家庭用脱毛器などでも体験することができます。
ただし、それぞれの脱毛方法については、メリット、デメリットがあるので、最初に選択するときに、よく比較検討してみてください。

 

サロン脱毛の場合は、脱毛サロンで行います。
だいたい毛の生えてくる周期に合わせて、1つの部分を2ヶ月おきくらいに施術する必要があり、その都度脱毛サロンに通うことになります。
施術の流れとしては、まず前日に、施術部分を電気シェーバーなどでそっておいて、施術前に冷たいジェルを塗り、それぞれの部分にフラッシュライトを当てていきます。

 

痛みはあまりありませんが、デリケートゾーンなど、やや痛みを感じる部分もあります。
背中やお尻、うなじなど、自分ではお手入れしづらい部分もプロの施術者が行ってくれるので、とても楽です。

 

施術の価格は、部分的に設定されている場合と、全身脱毛何回分、という感じで設定されている場合とがあります。
部位によっては、脱毛し放題プランもあり、自分が満足いくまで脱毛施術を繰り返すこともできます。

 

家庭用脱毛器のおすすめポイント

家庭用脱毛器

家庭用脱毛器は、最近は価格破壊が進み、数万円で手に入れることができる機種が増えました。
電気代もあまりかかりませんし、必要経費としても、フラッシュ脱毛系の脱毛器のカートリッジを交換するくらいで、最初に購入したら、故障しない限りはずっと使うことができます。

 

自宅で好きな時間に好きな部位を脱毛できるので、人に頼むのが煩わしい、サロンに通うのが面倒という人にも向きます。
ただし、自分の目で確認できない部分、施術しづらい部分は、家族などに手伝ってもらう必要があります。

 

家庭用の脱毛器でも、出力は加減できます。
効果を最大にするために、やや強めに光を照射して、それを一定期間繰り返せば、かなり毛が細く、ムダ毛が生えづらくなってきます。痛いときは、弱くできます。

 

一度機器を購入すれば、自分のお好みで脱毛施術ができるので、回数制限がある脱毛サロンを利用するより、経済的な場合もあります。
自分の生活スタイルや、脱毛機器の特徴を考え、選んでみてはいかがでしょうか。

 

ただし、仕上がりの美しさや、美肌効果、手や目が届かないところも綺麗に脱毛してくれるところなど、脱毛サロンを利用することでのメリットは大きい筈です。

更新履歴